超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

2016年陸マイラーになってから総獲得マイルを暴露!

【スポンサーリンク】

2015年度は約5.7万マイルをためました。

私は陸マイラーで2015年の年末より本格的にマイルを貯めるようになりました。今までは飛行機に乗った場合や、ANAの”グルメダブルマイル”のようなキャンペーンでひたすらためていましたが、以下の方法使って1ヶ月に約2万マイル貯まるようになりました。

mile-framework.hatenablog.com

ところで、2015年度ももう終わるということで、最終四半期より始めたマイルの実績を公開致します。

2015年12月より本格的にマイルを貯めはじめました。(加算が始まった月)

最初は登録から実際に交換されるまでに2ヶ月を要していましたが、その次からは毎月交換申請を出すことで毎月2万マイル弱(正確には1.8万マイル)が溜まっていきました。もともと3000マイル程度でスタートした身ですが、4半期で6万マイル弱まで来ることができ、世界中どこでもマイルで行けるぐらい貯めることができました。

f:id:mile_framework:20160328214455p:plain

現在、5万7千マイルあります。

繰り返しになりますが、LTマイル欄に3800マイルとありますが、結局私自身飛行機を使ったマイルは2800マイルのみで、あとは陸マイラーとして貯めたマイルとなります。

あと1周間もすれば、あと2万マイル弱ほどですが、加算されて7.5万マイルほどになります。つまり、4半期で6万マイルほどを稼ぐようになりました。

しつこいようですが、どうやったかということ、こちらのフレームワークを御覧ください。クレジットカードでマイルを貯めるという思考をやめてください

といった意味がわかると思います。

mile-framework.hatenablog.com

実は簡単、ANAマイルは1ヶ月1.8万マイルたまります。

ANAのマイルは取得から3年間の有効期限がありますが、すぐにマイルが溜まってしまうので全く問題視する必要はありません。いざとなった場合は、ANASKYコインなどもあります。

 ちなみに、ANAマイルを貯めるためにおすすめしているのは、上記の3つのステップの通り、ポイントタウンでポイントを貯めて、メトロポイントに交換した後に、ANAマイルに交換するという方法を取ります。

f:id:mile_framework:20160313192259j:plain

ポイントタウンは、非常にポイントがためやすいサイトです。特に、モニターは本当におすすめ。

mile-framework.hatenablog.com

マイルを一時的に貯めるのはクレジットカードや保険などがありますが、何度も繰り返すということができません。結局一度だけマイルを貯めたとしても一時的に過ぎません。

覆面モニターを駆使すると、1回の飲み会で1万マイル近く獲得することができてしまいます。

f:id:mile_framework:20160328221306p:plain

例えば、こちらの調査であれば、飲食代の70%が最大24万ポイント上限で謝礼で支払われるとあります。

ポイントタウンは20円=1円であるので、実質12000円相当となります。

つまり、12000円で70%なので、計算をすると、17142円を支払うと上限の12000円相当になります。

 この条件で5人を前提とすると、一人3428円となります。あなたが幹事でなくても、レシートをもらうだけで、3428円で12000ポイント(10800ANAマイル)が1日でもらえるということになります。(*もちろん、アンケートには真剣に応える必要はあります。)

普段の利用法をちょっと工夫するだけで断然マイルが貯まるようになります。

もう一度言います。マイルはクレジットカードではたまりません。以下の方法であれば、1ヶ月2万マイル弱は貯まります。

mile-framework.hatenablog.com

さぁ、準備はいかがですか?頑張っていきましょう!

次は目標設定とモチベーションについて考えてみます。

 

 

 

【スポンサーリンク】