超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【わらしべ長者に習う10倍早くANAマイルを貯める方法】ANASFC修行2017

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

ANAマイルを貯めることをおすすめする理由

マイル大量貯め方 その他マイル貯める方法

【スポンサーリンク】

ANAマイルを貯めることをおすすめする理由

巷には様々な航空会社があります。日本ではJALANAが2大巨頭という形ですが、どうようにJALマイレージプログラムがあります。本サイトではANAマイルを貯める方法についておすすめしています。

ためやすさでは断然ANAマイレージプログラム

マイルを貯めるということで、クレジットカードを使う方が多いと思いますが、基本的に還元率は1%。良くても3%程度ということで、100円使って、1マイルといったとこです。

一方で、これで10万マイルを貯めるとなると、単純に1000万円のクレジットカード決済が必要となります。一般的なビジネスパーソンであれば、1000万円のカードを年間で決済するということはあまり多くないと思います。年200万使ったとしてもおよそ5年かかる計算になります。

10万マイルは半年で貯めることができる

私自身がマイルを貯め始めてから半年経ちました。はじめはなにも考えていませんでしたが、マイルを貯める効率の良さに気づいたら、半年で10万マイルを貯めることができました。

f:id:mile_framework:20160604082118p:plain

妻と合わせれば12万マイルということになります。これをたった半年で貯めることができました。では、どのようにしてためるのでしょうか。

飛行機はGWにアメリカに旅行に行った際に発生したものです。

mile-framework.hatenablog.com

本サイトで何度も説明しているのでしつこいと思いますが、当サイトでは、月1.8万マイルをポイントサイトを使って貯め続ける方法をご紹介しています。簡単なので、本気でマイルを貯めたいという方は取り組んでみてください。

12万ANAマイルを貯めたらなにができるのか?

ANA国内線編

ANAの国内線では

f:id:mile_framework:20160604082540p:plain

出典:ANAサイト

国内線の航空券に対する特典航空券は距離によって変わってきます。例えば、東京〜石垣島(沖縄)であれば、往復で23000マイル(ハイシーズン)となります。

12万マイルがあれば、5往復つまり石垣島に5回行ったり着たりが可能となります。スキューバーライセンスなどをお持ちの方なら沖縄に行きたい!という方も多いと思います。そのような方はもはやシーズンで通うことも可能。そんな素敵なライフスタイルを実現できます。

ANA国際線編

ANA国際線については場所によりマイルのレートが異なります。

f:id:mile_framework:20160604083332p:plain

レギュラーシーズンで考えると、

例えば、香港であればゾーン3(アジア1)となるため、エコノミーならば往復で17000マイル、ビジネスでも35000マイルで往復ができるようになります。

また、ハワイでは、エコノミークラスで35000マイル、ビジネスでも60000マイルとなります。

つまり、12万マイルがあれば、エコノミーであれば3往復、ビジネスでも2往復ができてしまう計算となります。

いかがでしょうか。あなたのライフスタイルを完全に変えることができてしまうと思いませんか?

 

LCCバニラエア特典航空券をANAマイルを貯めてお得に獲得

あまり知られていないことですが、LCCのバニラエアは格安航空会社でありながら、ANAのマイルを使って特典航空券を発券することができることはご存知でしょうか。もともと、飛行機運賃が抑えられているので、必要マイル数もかなりお得です。

f:id:mile_framework:20160604083039p:plain

例えば、東京(成田)〜沖縄であれば、見てびっくり。片道6000マイル(往復12000マイル)で利用することができます。12万マイルあれば、沖縄に10回程度は往復できてしまうことになります。もう、価格破壊というか意味がわかりません。

バニラエアのANA特典航空券国際線が破格!

それでは、バニラエアの国際特典航空券について見てみます。

f:id:mile_framework:20160604083813p:plain

香港まで片道10000マイルで行くことができます。つまり、往復で20000マイルで香港を往復することができます。13万マイルあれば、6往復は香港と東京を往復できることができます。

ANAマイルはその他ホテルやレストラン利用券と交換できる

ペニンシュラリッツ・カールトンなど有名ホテルのステートチケットと交換が可能です。つまり、無料で高級ホテルに宿泊することができます。これは海外のペニンシュラやリッツなども含まれているため、往復交通費から宿泊まですべてマイルで精算することが可能となるのです。

f:id:mile_framework:20160604084109p:plain

マイルで行く香港(一例)

ANA(東京〜香港・エコノミー)17000マイル×2(人)=34000マイル

ペニンシュラ香港                   =60000マイル

計:94000マイル

香港に飛行機で往復2人でして、ペニンシュラ香港に宿泊しても94000マイルで行くことができます。

ANAマイルを貯めると交換選択肢が広がる

マイルを貯めると飛行機の特典航空券のみが目立ってしまいますが、飛行機以外の選択肢があるのもANAマイルを貯める特権なところ。本サイトは、クレジットカードではなく、インターネットのポイントサイトを使うとうまくポイントが還元されるためその仕組を使ってマイルを貯め続けることができます。

まずは、ポイントタウンとハピタスに登録を!

登録についての注意点や裏ワザについてご紹介しています。

【超初心者編】毎月約2万ANAマイルを貯めるための3つのステップ(準備編) - 超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

 

手っ取り早く登録したい方はこちらからどうぞ!今なら登録だけでポイント紹介ポイントが還元されます。

www.pointtown.com

m.hapitas.jp

 

 

 

【スポンサーリンク】