超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2019

陸マイラー大家のマイル・SPGアメックスポイントの大量獲得術

初心者向け陸マイラー入門講座。爆速でマイルを貯める方法を紹介中

マイルを貯めて旅行に行くという思考になると世界が近くなる

記事【スポンサーリンク】

マイルを貯めて旅行に行くという思考になると世界が近くなる

f:id:mile_framework:20180502194231j:plain

 

私はもともと旅行好きで、楽天トラベルやJTBなどを使い旅行の申込みを行っておりました。よって、夫婦で旅行に出かけるとアメリカですと40万円、ハワイだと50万円、新婚旅行に至っては80万円以上かかっていました。

 

 

しかし、私は2015年に陸マイラーとしての活動をはじめました。

毎月マイルが3.6万マイル程度貯まっていくので、3ヶ月待つと10万マイル貯まるようになりました。

また、UBERやGRABなど日本では白タクと呼ばれるライドシェアリングが市民権を得るような時代の変化もあって、気軽に移動できるようになりました。

 

このような変化のおかげで、

今の私は、旅行会社など一切使わず、2ヶ月に1回程度海外に行く生活ができるようになりました。

改めて私のプロフィールをご紹介すると、転勤の多いサラリーマンをしています。3年ごとに転勤のある社畜で、いわゆるオフィス勤務をしています。

 

 

なので、皆様と同じサラリーマンです。ちなみに年齢は30になります。なので、条件としては、特に勝っているということはありません。

 

 

こんな私でも陸マイラーとして活動しているだけで、月に4万マイル弱貯まるようになります。

年1回の海外旅行が2ヶ月に1回の海外旅行に。

f:id:mile_framework:20180723204454j:plain

 

私達夫婦は、以前は年に1度どこかに行こう。という話をしていましたが、この陸マイラー活動を行う上で、旅行の頻度が1年に1回から2ヶ月に1回になりました

 

以前とは感覚がまるで変わります。海外へ行くことが、都内から大阪に行くのと変わらない感覚になったのです。

 

 

マイルを使うことで、実質負担は税金等の数万円だけとなります。また、その諸経費もポイントサイトから支払いができるようになったため、海外に行く場合でも実質自己負担がゼロの状態の仕組みを作れるようになりました。

 

 

2018年で状況は変わったけども。。。

当時は、ソラチカカードが最盛期であるゆえ、あるクレジットカードを発行すると、なんと50000ポイント相当がもらえたり、公共料金をカード払いにすると2000ポイント貯まり、ちょっと技を駆使すると数万ポイントが貯まる時代もありました。

 

なので、そのようなキャンペーンは続かず、すぐに終わりを迎えました。

 

また、一つの大きなニュースは、ソラチカカードの終焉です。私もソラチカカードを活用してポイントサイトからANAマイルへと交換するルートを使ってマイルを貯めていましたが、それが閉鎖されたため、多くの陸マイラーはマイルを貯めるのがめんどくさいという方も多くなった感覚があります。

 

新ソラチカルートとして復活!変化に対応する人が勝てる

個人的には、変化に対応できる人たちが勝てるものではないかと感じます。

今回新しいルートが開通したことにより、ソラチカルートが戻ってきました。(交換効率は落ちますが・・・)

f:id:mile_framework:20180725053128p:plain

 

これができれば、ポイントに対して、約74%のマイルが貯まる計算になります。 

mile-framework.hatenablog.com

 こちらで詳しく解説をさせていただいています。

だれでもできます。はっきり言って簡単です。

 

超大型旅客機A380によるハワイ線の特典航空券の座席数増加について

ANAの東京〜ハワイ路線もマイルを使った無料航空券である特典航空券はかなりの倍率で1年先も満席な場合が殆どで、休みシーズンはほぼ取るのができない状態です。

 

これは、ANA自身も安定的に現金で乗る旅客が多いためで特典に開放されている座席数が少ないものと考えられています。

 

一方で、来年2019年から超大型旅客機であるA380が東京〜ハワイ路線に投入されます。ANAにとっては大きな決断をしたと言えるでしょう。過去のジャンボ旅客機による大量輸送で旅客の単価が下がったことによる現役というジレンマがある中、総座席500席を余裕で超える旅客機を導入するわけですから。

 

A380についてANAがプレスした際に、特典航空券についても言及しています。ハワイ線の特典航空券の取得が困難であるという認識はもちろんANAにもあるようなので、どのような特典航空券枠になるのか楽しみですね。

 

マイルを用いると海外旅行が近くなる

今回私がご紹介した方法は、全て自分で手配する作業になります。当然ですが、添乗員さんもいないですし、空港からホテルまで含めて自分で対応する必要があります。

また、チェックインなども自分で行う必要があります。

 

ツアーばかり参加しているとすべて人任せでやってもらえるのでこの作業ですら怯える人が多いのが現状だと考えています。

 

私もそうでしたから。

ですが、実際1,2回すれば慣れてきます。チェックインで使う英語なんてたかが知れています。あとはご自身がやりきるぞ!という思いだけでどうにでもなるものと考えます。

 

私がご紹介しているのは、インターネットを使ってポイントを貯めて、そのポイントをANAに交換して海外旅行を行うことで、自己負担の旅行代金が極限まで減らすことができる方法です。

もちろん、ひとそれぞれ価値観があるので、海外は数年に1度行く方が有り難みがあるとか、いろいろとご意見があるのは存じています。

ただ、私は海外に行きたい気持ちがあったのにかかわらず、金銭的な問題で一歩が踏み出せなかったものが、マイルを使うことで、2ヶ月に1度程度海外に行けるようになったことに、人生が変わったと感じることができました。

 

もし、私と同様な考えをお持ちの方であれば、ぜひポイントとマイルを頂いて同じように海外にいっぱい出向いていただきたいという思いがあります。

 

mile-framework.hatenablog.com

 

ぜひ、一度御覧ください。あなたのご参加もお待ちしています。

 

【スポンサーリンク】