超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2019

陸マイラー大家のマイル・SPGアメックスポイントの大量獲得術

初心者向け|会社員の傍ら不動産経営してANA陸マイラーとして仕組みを作り、マイルを大量獲得するための術をフレームワーク化。人生を豊かにしたい。

マイルで行くディズニー!?世界のディズニー・テーマパークの値段について比べてみました

記事【スポンサーリンク】

世界のディズニー・テーマパークの値段について比べてみました

 

 私も好きなディズニーパーク。マイルを貯めてからは海外に行った際にパークに行くこともあります。

せっかくだからマイルで行ってみよう!と思っても、旅行会社でないので当然チケットは別売りになっています。

というわけで別売りのチケットを購入するといくら掛かるのか調べてみます。

 

 

予めお話すると、今日は雑談です。

 

 

あるとき、以下の記事が気になりました。

米ディズニーランド、入場料値上げ-ピーク時1日券約1万6000円

 

 1万6000円!?

 何人で?

と思いましたが一人16000円とのことです。というわけで全世界のディズニー・テーマパークの費用について調べてみました。

 

ディズニーパークは日本の東京ディズニーリゾートが通期では最安

 私が学生のころは、大人5400円というイメージがあったため、正直現在の7400円もあまり安いとは感じませんでした。しかし、全世界で見てみると、東京ディズニーリゾートは安いという結果になりました。

 

 

 ただ、一概にも言えず、他のディズニーパークはピークシーズンとそれ以外(混雑時がピーク)という日によって値段が異なります。

 

 

なお、日本円に換算しており、レートは2019年1月8日となります。

  最安値 最高値
東京ディズニーリゾート ¥7,400
香港ディズニーリゾート ¥8,566
上海ディズニーリゾート ¥4,733 ¥9,099
ディズニーリゾートパリ ¥6,092 ¥9,076
カリフォルニアディズニー ¥11,276 ¥16,156
ウォルトディズニーワールド ¥11,818 ¥13,228

 一番高いのが、アメリカカリフォルニアのアナハイムのディズニーランド。こちらは、世界で一番始めに作られたディズニーパークで世界最古のディズニーパークでもあります。大人二人と子供の入場料だけで4万円近くいきます。笑

 

 

 

 旅行代を安くするのがマイル&SPGアメックス

 今回はディズニーランドのチケットをみてみました。確かに近年は様々な料金が高騰していると思います。

 飛行機代も同様に高騰しています。ちなみに、2019年のゴールデンウィークは10連休となりますが、東京〜ウォルトディズニーワールドまでの航空券がなんとエコノミー一人80万円もします。

マイルを貯めることで少しでも安く行くことも可能です。

マイルの貯め方はいかにまとめています。

mile-framework.hatenablog.com

 

 

 

【スポンサーリンク】