超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2018ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

マリオットプーケットナイヤンビーチのフィットネスジム&プールについて

記事【スポンサーリンク】

マリオットプーケットナイヤンビーチのフィットネスジム&プールについて

 マリオットプーケットナイヤンビーチには、24時間使えるフィットネスジムがあります。また、フィットネスジムは日中は専門のトレーナーがいます。さらにオプション料金でヨガ教室(英語)なども行っているようです。

 

マリオットプーケットナイヤンビーチプールについて

まず、プールはメインプールという最大1.4mの深さのプールがあります。これが海につながっているように見えます。基本的なメインプールはこちらになります。

f:id:mile_framework:20180520225320j:plain

ちなみに夜でも入れます。照明がいい具合にありとってもロマンチックです。

ちなみに子供用プール(水深40cmほど)はこのメインプールのすぐ横に設置されています。

f:id:mile_framework:20180520225439j:plain

プールにはタオルも備え付けがあるので、部屋から持っていく必要はありません。このメインプールの横にはおよそ40脚程度の椅子も用意されています。

また、近くのお店からドリンク(お酒含む)の注文をしに店員さんがうろうろしています。

海もゆったりとできる。ただし遊泳はNG

 ナイヤンビーチにもマリオット専用のエリアがあります。ただ、ナイヤンビーチは遊泳禁止となっています。

f:id:mile_framework:20180520225653j:plain

海に出るとこのようにカヤックのレンタルがあります。

f:id:mile_framework:20180520225706j:plain

カヤックのレンタルなどは有料です。マリオットのアットユアサービスなどで申し込みをすることができます。

パラソルなども用意されています。

f:id:mile_framework:20180520225913j:plain

こちらもマリオット宿泊者が自由に使うことができます。パラソルの椅子などは日中はかなりの確率で埋まります。絶対に確保したいというかたは気持ち早めに行くことをおすすめします。

また、プールはホテルをぐるっと廻るように設置されています。

f:id:mile_framework:20180520230838j:plain

ちなみに1階の部屋から直接プールにアクセスできるという贅沢な部屋もあります。ダイレクトアクセスが可能。

f:id:mile_framework:20180520230900j:plain

ちなみに、部屋の前のプールはメインプールより浅めです。(感覚的には1m程度でした)

 

フィットネスジム

フィットネスジムに入るためには、ルームキーが必要です。

フィットネス内にはタオル・ウォーターサーバー・ペッドボトルウォーターが用意されています。なので、これらも部屋からの持参は不要です。

普通の部屋を改装してフィットネスジムにしているような空間であるため、専用の眺望や広さなどはありません。プールが目の前にありますが、直接アクセスはできないような構造になっていました。

 こちらのフィットネスジムは24時間利用することができるため、多くの方が利用されていました。

 

 

いかがでしたでしょうか。リゾートに行くとつい様々なものを食べてしまってちょっと体重などが気になるもの。

ぜひフィットネスジムを活用して行きましょう。

ちなみに、私は海外旅行の際は必ず利用しています。なので、常に靴とウェアは準備しています。

 

mile-framework.hatenablog.com

mile-framework.hatenablog.com

mile-framework.hatenablog.com

mile-framework.hatenablog.com

mile-framework.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】