超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2019

陸マイラー大家のマイル・SPGアメックスポイントの大量獲得術

初心者向け陸マイラー入門講座。爆速でマイルを貯める方法を紹介中

マリオット琵琶湖ホテル宿泊レポート<フィットネス・スポーツジム> SPGアメックスでゴールド会員でアップグレード!?

記事【スポンサーリンク】

マリオット琵琶湖ホテル宿泊レポート<フィットネス・スポーツジム> SPGアメックスでゴールド会員でプール利用無料!

  今回は、滋賀県にあるマリオット琵琶湖についての宿泊についてです。2017年12月に全面開業したマリオット琵琶湖は、ラフォーレブランドからリブランドされて新しくなったホテルです。

 マリオット琵琶湖ホテルは、名神自動車道の栗東ICから30分程度離れており、琵琶湖大橋が近くにある場所にあります。

 電車では近くの守山駅から無料シャトルバスと路線バスが出ているので、車を持っていない方も利用することが可能です。

 今回はグランドオープンしたてのマリオット琵琶湖ホテルに宿泊してきました!(東京からおよそ450Km車で行ってきました。)

 

 近くには、ショッピングセンターやサイドゴルフコースなど様々なアクティビティが用意されている場所になります。今回は、そんなマリオット琵琶湖についての宿泊レポートとなります。

なお、駐車場は無料で、十分な台数を置くことができます。

かなり余談となりますが、車で東京から向かいましたが、カーナビでかなり狭い道に誘導され、地元の方が使うような道に誘導されて苦労しました。

距離最短になっていたため、アウトレットパークにある竜王ICから誘導されましたが、結果対向車線もないような狭い道路を通る羽目になりました。お店もないとおりでした。

 個人的にはその先の栗東ICから利用されることをおすすめします。守山駅付近を通過することになるため、お店なども多く賑わっている通りを経由します。

 

 

マリオット琵琶湖ホテル宿泊レポート フィットネスジムについて

マリオット琵琶湖のスポーツ施設は2つあります。一つは、ホテルに併設されているフィットネスジムは24時間使うことができます。もう一つは、併設されているスポーツ施設になります。まずは、ホテルのフィットネスジムからご紹介します。

ホテルのフィットネスジムは24時間利用可能

f:id:mile_framework:20180103114058j:plain

場所はホテル1Fのエレベーターホールを抜けた先にあります。フィットネスセンターで24時間いつでも利用が可能な施設です。

f:id:mile_framework:20180103114140j:plain

マリオットあるあるの同意書です。日本語と英語のそれぞれあります。

f:id:mile_framework:20180103114207j:plain

マシンはきれいな新品モデルを導入しています。テレビも写りました。

f:id:mile_framework:20180103114224j:plain

ホテルの規模に比べたら設備がかなり整っています。なお、LifeFitness社の装置が導入されていました。

f:id:mile_framework:20180103114244j:plain

 

奥には筋トレ用のダンベルやヨガ・ストレッチ用のマットも用意されています。私が行ったときは貸し切り状態でありました。

設備数もかなり多くある印象を受けました。

f:id:mile_framework:20180103114423j:plain

給水スペースもあります。マリオット都ホテル大阪のようにペットボトルではなく、ウォーターサーバーでした。ヘッドフォンやタオルも用意されています。

スポーツセンターの利用について

 マリオット琵琶湖には隣接してスポーツセンターがあります。スポーツセンターは、日帰り利用できます。体育館では、バドミントン・卓球・バスケットボールなどが利用でき、地下には温水プールも完備されています。

 バドミントンのラケットは無料貸し出し、羽は250円で販売という形でした。体育館のシューズも無料貸し出しがあります。

 よって、手ぶらでも全く問題ありません!

f:id:mile_framework:20180103114829j:plain

他にも、ゴルフ、テニス、フットサルのコート、パターゴルフ的なコートもありスポーツ施設が充実しています。

時間は9時〜21時までで、一部施設は23時まで利用することも可能です。

ちなみに、マリオット琵琶湖の温泉もこのスポーツセンター内に設置されています。

f:id:mile_framework:20180103114904j:plain

まるで地区センター的な感じです。

f:id:mile_framework:20180103114940j:plain

プールは宿泊者は800円が必要となりますが、マリオットゴールド会員であれば、無料で利用可能です。水着の貸出などもあります。

 

マリオット琵琶湖ホテル宿泊レポート フィットネススポーツジムまとめ

  マリオットホテル琵琶湖に併設されたスポーツセンターは地域住民のスポーツセンターとして利用されています。ですが、ホテル宿泊者向けも利用することができ、プールなどが一部無料で利用することができます。基本的にラケットやシューズについては無料貸し出しであり、バドミントンのシャトルなどは有料(買い取り)となります。

 

 マリオット・ホテルの琵琶湖のスポーツセンターの地下には温泉もあるため、スポーツ後にそのまま温泉を利用することも可能になります。(私個人的にはスポーツ後に温泉というルートがおすすめ)

 なお、タオルなどは温泉に備え付けは無いため、部屋から持参する必要があるため、ある程度大きなバッグがあるとより活用できると思います。(ハンドタオル、バスタオルだけでもまぁまぁな大きさになります)

 

 また、バドミントンやバスケットについては、当日の予約が必要です。スポーツセンターの受付で名前と書くようなスタイルです。1回の予約時間は30分となっており、次の予約者がいなければ延長も可能な感じです。時間管理は個人で行う必要がありますが、スタッフさんが延長したいかどうかも来てくれました。

 

 普段スポーツしていないあなた、マリオット琵琶湖でスポーツを久しぶりにして体を慣らしてはいかがでしょうか。

 ちなみに、私達夫婦はそのためにフルスペックのバドミントンの用意をしていきました。笑

 

 

mile-framework.hatenablog.com

 

 

mile-framework.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】