超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2019

陸マイラー大家のマイル・SPGアメックスポイントの大量獲得術

初心者向け|会社員の傍ら不動産経営してANA陸マイラーとして仕組みを作り、マイルを大量獲得するための術をフレームワーク化。人生を豊かにしたい。

moxy大阪宿泊レポート①やっぱりおしゃれ!モクシー大阪デザインホテルに泊まる【マリオットプラチナチャレンジ】

記事【スポンサーリンク】

moxy大阪宿泊レポート①やっぱりおしゃれ!モクシー大阪デザインホテルに泊まる【マリオットプラチナチャレンジ】

今回は大阪に来ました。

目的は特に無くモクシーに泊まるためだけに大阪に来ました

まず、モクシー大阪の場所についてです。

 

 

最寄り駅は、堺筋本町駅です。

周りは銀行に囲まれており治安の良い場所にあります。また、近くにはお店なども多く、夜の食事も困りません。

 

大阪駅からは御堂筋線で本町、そこから中央線に乗り換えて一駅の堺筋本町となります。ちなみに、この堺筋本町は阪急が乗り入れているので、京都の河原町駅まで乗り換え無しで行くことができます。

つまり、京都観光も大阪観光もできる場所に位置しています。

それでは早速モクシー大阪のレポートをしたいと思います。一部東京と比較できる部分もあるのでそこも踏まえてレポートしたいと思います。

 

モクシー大阪、外観はガラス張りのおしゃれビル

f:id:mile_framework:20171123195740j:plain

まず、外観となりますが、新築ビルのおしゃれなガラス張りのビルです。駐車場も完備されています。(ここは東京と違うところですね。)

新築Moxy!?かと思いましたが以前はオフィスビルだったようです。ただ、全面ガラス張り、中身もホテル仕様へのリニューアルをしているので新築といっても過言ではないぐらいきれいなビルです。

f:id:mile_framework:20171123195828j:plain

中に入ると吹き抜けの大きな空間があります。こちらはテーブルなどが完備されており、モクシー東京にある暖炉(のモニュメント)も設置されています。

東京同様に、バーカウンターがレセプション(フロント)となっています。

また、チェックインを行って頂いた方は外国籍の人で注意事項などが「英語」でありました。笑 これも東京と同様でもモクシーらしいチェックインです。

 

モクシー東京とは違う!?チェックイン時に○○がもらえる!

チェックイン時にスリッパがもらえます!

これは東京にはないサービス。モクシーは宿泊特化型の簡素のホテルであるので、東京ではパジャマやスリッパなどは一切ありませんでした。

その面では大阪は一歩進んでいるサービスであると考えられます。

 

ただ、東京のキャプテン(支配人)と話をした際も、要望があれば考えると明言をされていましたので、改善に期待したいと思います。

 

東京より欧米人率は低め!?

今回、15時にチェックインを行いホテルの中をぐるぐるしていましたが、アジア人がほぼ100%を占めていました。

一方、東京の方は80%が欧米人のような風貌をした人種であり、アジア人は一部スタッフと私だけでした。(80%はオーバーかな。)

 

そして、フロント横にある階段を登ると2階に通じています。

f:id:mile_framework:20171123200530j:plain

 

途中おしゃれないすやモニュメントが並びます。

モクシー東京と大きく違うのは、建物の中が広いです。モクシー東京は旧ビジネス用途のビルを改装したので1フロアの天井が低いですが、モクシー大阪はそのようなことはありませんでした。

f:id:mile_framework:20171123200626j:plain

モクシー大阪の2Fには、ランドリールームも完備。

f:id:mile_framework:20171123200816j:plain

中長期の滞在にも役立ちます。

f:id:mile_framework:20171123200856j:plain

続いてモクシー大阪2Fにあるジム・フィットネスエリアです。こちらはモクシー東京よりも小規模となりますが、一通りのマシンが用意されています。

f:id:mile_framework:20171123201014j:plain

 モクシー大阪のジム・フィットネスエリアに設置されているデトックスウォーターです。モクシー東京はウォーターサーバーでした。ちなみに、マリオット系列にあるようなペットボトルのウォーターなどはありません。

タオルは常備されていますが、着替えなどはないので、部屋で行う必要があります。

全体的にモダンでおしゃれなデザインで統一

基本的なデザインはモクシー東京も大阪も同じです。一方でエレベーターが写真ようなデザインであったりタイル張りであったり、窓ガラスにペンで文字が描かれているようなものであったりとデザイン性はとても高いです。

f:id:mile_framework:20171123201136j:plain

バーカウンターもおしゃれな雰囲気

f:id:mile_framework:20171123201336j:plain

バーカウンターもおしゃれな雰囲気でコーヒーなどは¥450から楽しめます。

f:id:mile_framework:20171123201421j:plainちなみに、ブレックファストのフラットは¥800 ポーク&ペッパーフラット¥880など価格帯は東京よりも下回ります。

また、ヌードルブッフェ(¥900)はランチ(11:30-14:30)のみとなっています。

 

モクシー大阪滞在まとめ

モクシー大阪は、利便性がとてもより場所にホテルができました。京都からも電車で1本のため、モクシー大阪を拠点にして大阪や神戸・京都観光に適する場所であることがわかりました。

f:id:mile_framework:20171123201920j:plain

 

宿泊特化型のため、余計なものがなく、アメニティも最低限な一方、ファッション性が高く、椅子やテーブルまで細部のデザインが磨かれたホテルです。

¥11000円台から宿泊が行えます。

 

次は朝食・お部屋のレポートを行いたいと考えています。

 

 

mile-framework.hatenablog.com

 

ちなみに東京モクシーはこんな感じです。

 

mile-framework.hatenablog.com

 

私のマリオットプラチナチャレンジ取り組み状況

マリオットプラチナチャレンジについてはこちらで詳しく書いております。

 

mile-framework.hatenablog.com

 マリオットには公開されていない超オトクなキャンペーンがあります。

  1. プラチナ会員に9泊でなることができる
  2. 非公開キャンペーンである
  3. 電話でかんたんに登録できる

というものです。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】