超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2019

陸マイラー大家のマイル・SPGアメックスポイントの大量獲得術

初心者向け|会社員の傍ら不動産経営してANA陸マイラーとして仕組みを作り、マイルを大量獲得するための術をフレームワーク化。人生を豊かにしたい。

マリオットプラチナチャレンジに登録しました。3ヶ月間9滞在でマリオット&SPGプラチナステータスへ

記事【スポンサーリンク】

マリオットプラチナチャレンジに登録しました。3ヶ月間9滞在でマリオット&SPGプラチナステータスへ

マリオットプラチナチャレンジ・・・知る人ぞ知るマリオットのプラチナチャレンジに挑戦することを決意いたしました。

f:id:mile_framework:20171123201920j:plain

(日本で最も安い価格帯のホテル:モクシー)

プラチナチャレンジとは一体なにか?!

実は、公式にサイトには掲載されていない裏技の方法で、ゴールド会員ならば、9滞在を3ヶ月以内の実績を得ることで、プラチナになるという方法です。本来、マリオットゴールドエリートを達成するために1年で50泊、プラチナエリートならば75泊必要になります。マリオットに1年で75泊というのは一般的なサラリーマンではまず無理な数字になります。

f:id:mile_framework:20171006043737j:plain



ところが、このマリオットプラチナチャレンジというのは、マリオットに対して、ゴールドエリート会員が、「プラチナチャレンジを行う」ことを自己申告すると、申込日月+3ヶ月で9滞在すればプラチナステータスになるというものになります。

 

(2018年5月追記)

マリオットプラチナチャレンジを終えてプラチナ会員になると、

スタンダードルームがスイートにアップグレード(4泊)されました。

 

mile-framework.hatenablog.com

 日本では、マリオット山中湖がスタンダードルームがエグゼクティブスイートにアップグレードされました

 

mile-framework.hatenablog.com

 

一言でいうと、「さいこー!」

 

マリオット(リッツカールトン)プラチナエリートに9滞在でステータスを獲得できるのがこのマリオットプラチナチャレンジになります。(SPGアメックスを所持すればゴールド会員になれるので、プラス9滞在を行えばプラチナになるということです。)

 

図にしてみると以下のとおりになります。

f:id:mile_framework:20171028221452j:plain

1つ目の図は正規なステータスのかたなので、75泊を行うとプラチナエリートになることができます。一方で、プラチナチャレンジは、3ヶ月+申し込み月以内に9滞在を行うとマリオットプラチナクラスになることができます。

 

SPGアメックスでのゴールドからマリオットにステータスマッチしたあとチャレンジも可能

 

実は、私も2017年10月にマリオットに連絡を行って、プラチナチャレンジを実施中です。(ちょうど今です)

 

一旦SPGとマリオットのステータスについてまとめてみます。

f:id:mile_framework:20171028222109j:plain

かんたんにまとめましたが、マリオットは、

  • マリオットプラチナ
  • マリオットゴールド
  • マリオットシルバー
  • 一般会員

と4段階であり、SPGの方は

  • SPGプラチナ
  • SPGゴールド
  • プリファードゲスト(一般会員)

の3段階であります。

マリオットはSPGグループを買収し、2018年度まではそれぞれのプログラムで運営されることが発表されており、2019年以降統合するものと思われます。

2018年8月にマリオットとSPGが統合されます。

 

ここで宿泊数に着目すると、同じゴールドステータスであったとしても、SPGの方が宿泊数のしきい値が低いことがわかります。

マリオットがSPGを買収したわけですから、個人的にはマリオットの基準になってしまうのかなと危惧をしております。

ステータスのスーパールート SPGアメックスからのマリオットチャレンジ

上記の通り、SPGはマリオットに買収をされたため、SPGのゆるい条件が厳しくなってしまうのかなと考えております。一方で、2018年までは現行の体制が続くことが確定しているので手立てを考えるとSPGアメックスをマリオットプラチナチャレンジを組み合わせるとマリオット側でステータスをプラチナにあげられることがわかりました。

 

ここからはあくまでも私の推測になりますが、ポイントプログラムが合併すると、マリオット側の条件になります。その場合、SPGアメックスのSPGゴールドのランクとマリオットのランクが見直される可能性があると考えています。

その為、マリオット側のステータスを得ておく必要があると考えます。具体的には、今回ご紹介しているマリオットプラチナチャレンジにおいて、

言葉にすると難しいのでかんたんに言うと以下の通りです。

f:id:mile_framework:20171028222520j:plain

  1. SPGアメックスカードを作り、SPGゴールドステータスを獲得する
  2. SPGゴールドからマリオットゴールドにステータスマッチを行う(必ず承認される)
  3. マリオット側でプラチナチャレンジを実施する
  4. マリオットプラチナステータスになる

この順番を行うと、マリオットステータスが獲得できます。

SPGのプラチナチャレンジをしたほうがいいのではないの??

これまで触れませんでしたが、実はSPGでもマリオット同様、「SPGプラチナチャレンジ」があります。

f:id:mile_framework:20171028225504p:plain

SPGの場合は、ゴールドステータスの状態で、18泊(3ヶ月以内)をするとSPGプラチナにアップグレードされます。

 

お気づきだとおもますが、宿泊数がマリオットに比べて多いことに気づかれます。

(厳密に言うと、マリオットは9”滞在”、SPGは18”泊”なので単純に比べることはできません。またSPGは3部屋までを同時にカウントができるそうで、複数部屋を同時に予約するとダブル、トリプルカウントがされます)

 

 

 

せっかくなので、”滞在”と”泊”の違いについてご解説を致します。

f:id:mile_framework:20171028225721j:plain

”滞在”というのは、連泊など宿泊数にかかわらず、ホテルに滞在した回数になります。すべての宿泊が1泊2日であれば、泊=滞在となりますが、連続2泊以上しても1滞在となります。マリオットの場合は24時間以内の同一のホテルを再チェックインする場合も同一滞在とみなされてしまいます。つまり、予約番号を別々にして同一のホテルに連泊したとしても同一滞在とみなされてしまいます。

”宿泊”は1nightと言うかたちで泊まる回数になります。連泊の場合も連泊分が宿泊数となります。

 

マリオットはステータスの継続購入が可能

私が個人的にマリオットを評価している点が、ステータスの継続購入ができるキャンペーンを行っているという点になります。

ステータス関係はすべてそうですが、1年間でステータスが計算されるため、2年目に極端に利用頻度が減ったなどの場合はステータスが落ちてしまいます。

 

なので、修行をしてせっかくプラチナになったとしても、2年後には平会員に戻ってしまう可能性があります。飛行機の場合も同様ですが、クレジットカード(SFCやJGC)会員になり、カード年会費を払い続けるだけで上級会員が一生継続できるという裏技があります。

私自身もそれを使って毎回エコノミークラスでラウンジを使わせていただいております。

一方ホテルについてはエアラインのようなカードを所有するだけで継続と言うのはゴールドレベルまでになります(アメックス・プラチナ、SPGアメックスなど)

 

しかし、マリオットには毎年行われてるキャンペーンがあります。

 

それは、マリオットステータスバイバックキャンペーンと呼ばれているものです。

  • プラチナ会員は40,000マリオットポイントでステータスを維持できる

というものです。2019年2月有効までのプラチナ資格をプラチナチャレンジで今年取得したとして、2018年は75泊しないとプラチナステータスが継続されなくなります。ですが、キャンペーンが行われていれば、40000ポイントを支払うことで実質的にプラチナステータスを維持できるというキャンペーンとなります。

 

実際にこちらは制度ではなく、キャンペーンであることからどうなるのかがわからないというのが現状になります。ですが、毎年ステータスが切れる2月ごろにオファーがかかることがほとんどであります。

 

私がマリオットプラチナチャレンジに挑む理由もその一つで、ANAのSFCを取得するためにANAプラチナ会員を目指したのと同様に今後末永いメリットがあると判断を行ったためプラチナチャレンジにエントリーしました。

 

(2017年12月2日追記)バイバックキャンペーン終了?

修行関係のブログを拝見したところ、とんでもない記事を発見したので、ご報告を。かなり情報が錯綜していますが、マリオットのツイッターに2017年度にバイバックキャンペーンをオファーしたが、それがラストというツイートをしていました。

buyback - Twitter Search

 外資のホテルの場合、意思決定が海外にあることが多く、その内容を瞬時に日本デスクが把握していないことや急遽変更になることもあるので、公式にな連絡が来るまでなんとも言えない状態ですが、このような話があるみたいです。

私自身、すでに5泊目を実施したので、1年のみのプラチナになってしまうかも・・・。

マリオットプラチナチャレンジに電話した時の流れ

メールと電話で受け付けているようなので、私は電話で直接平日の昼間に連絡をいたしました。

「もしもし、マリオットプラチナチャレンジにエントリーしたいのですが」

「わかりました。会員番号をお願いします。」

「○○です

「メールアドレスをお願いします」

「○@xxxx.com」

「プラチナチャレンジに登録いたしました。翌年の1月31日までに9滞在するとステータスがアップグレードされます。」

「わかりました。1点質問ですが、すでに現金で宿泊する予約をエントリー前にしているのですが、こちらもマリオットプラチナチャレンジの対象になりますか。」

「はい、なります。マリオットプラチナチャレンジの評価は、宿泊日を基準としているので、予約時期は関係ありません。」

「プラチナ条件を達成した場合のどのような通知が来るのでしょうか。」

「プラチナ条件を達成すると、マイページのステータスが変わりますのでそちらでご確認いただけます」

 

また、マリットプラチナチャレンジは、キャッシュによる宿泊のみであるため、キャッシュ&ポイントやアワードなどの無料宿泊などは対象外ということです。

 

 

やりますよ、修行を。 昨年のANAのプラチナの次は、マリオットのプラチナに。

 

ちなみにですが、SPGは公式WEBサイトでチャレンジの案内がありますが、マリオットにはそのような掲載はありません。ですが、上記の会話で示した用に、問題なく登録が可能です。非公開キャンペーンでありますが、2017年10月現在、確実にやっていることはわかりました。

 

f:id:mile_framework:20171028231618p:plain

ちゃっかり、もう8件の予約を入れています。(キャンセルは前々日まで無料が殆どのホテルになります)

大体15万円の経費になります。ANAが50万円程度必要なのでそれに比べれば安いものになります。(これの交渉にまる2日妻と話し合いをしました。・・・とは言え納得してもらえることに感謝デス。)

 

マリオットプラチナチャレンジを行うならSPGアメックスは必須

ものすごいショートカットができるのがマリオットプラチナチャレンジとなります。また、カードを所有するだけで、SPG・マリオットのゴールド資格の得られるSPGアメックスもものすごい万能なカードになります。

 

問題は、2018年問題。

そう、SPGがマリオットに買収され、一定期間は別々のプログラムで実施し、今後統合すると明言している件です。

整理したように、SPGよりもマリオット側の方が条件が厳しい点と、マリオットが買収したという点から考えると一般的にはマリオット側に整理されるものと思われます。

そうするとSPGアメックスがどうなってしまうのか・・・・。

ただ、それなりの会員数や入会キャンペーンの継続の様子を見るとすぐにはSPGアメックスがなくなるとは思えません。また既存顧客の流出も考えるといきなり廃止ということもないと考えられます。

ただ、どうなるかわからないというのが現状です。

 

すなわち、SPGアメックスについては興味があれば早く申込みをすべきではないかと考えます。

 

SPGアメックスはポイントサイトよりも紹介による申し込みが圧倒的にポイント還元率が高い!

 

一方で、既存SPGアメックスのユーザーから紹介を受けると、

10000スターポイント+2000ボーナスポイントになります。つまり普通の申込みより1.7倍!!

SPGアメックスは紹介による入会が圧倒的にお得です。

 

ちなみに、周りにSPGアメックスを所持している人が居ないけど、カードがほしいという方、私からご紹介をさせていただきます。ご遠慮無く以下のフォームからお問い合わせください。(匿名可能で私からはあなたの情報は見られません。せいぜいわかるのは、先月、何人入会したか程度です。)

 

docs.google.com

【スポンサーリンク】