超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

なぜ、ザ・クラスが30歳サラリーマンでも発行できたのか!?突撃成功の理由を考える

【スポンサーリンク】

30歳のサラリーマンが2017年8月でザ・クラスが発行できた理由を愚直に考える

JCBザ・クラス・・・私も以前から憧れていたクレジットカード。黒いカードに白いペガサスがなんともかっこいい!という理由から取得を目指していました。

今回、ザ・クラスにおけるアクセスがかなり増えています。

私のような一般社員のサラリーマンでも取得ができているということ、死蔵カードが多くても大丈夫であるということを踏まえて少しでもお役に立てればと思います。

 

mile-framework.hatenablog.com

 そして、2017年8月にデスクに送付を断られるという噂が流れている付近に資料請求による突撃を行い、JCBザ・クラスの取得までこぎつけました。私自身も諸先輩方の発行スケジュールや属性などを拝見して突撃の時期などを決めていたので、少しでもお役に立てればということで私の取得スケジュール等についてご紹介致します。

カード申し込みから審査完了まで1週間

私がカードデスクに問い合わせをしてからMyJCBエラー(後述)までは1週間半程度かかりました。

 

  1. 突撃のためゴールドデスクに電話(8月15日お盆休み中)
  2. 申込書の到着(8月19日)
  3. 申込書の送付(8月20日)
  4. MyJCBエラー(8月24日)

以上のようなスケジュールでした。お盆休みで申込者が少なかったのか、送付から審査完了まで5日という凄まじく早いスケジュール。

MyJCBエラーの期間は1〜2時間程度であった

諸先輩方のブログを拝見してMyJCBエラーになると審査結果が事前にわかるということと、火曜日、木曜日にエラーになるという記事が多かったため、火曜日・木曜日を重点的に確認していました。

すると、来ました。エラーです。

エラーにも2種類あって

MyJCBにおいてゴールドカード(今使っているカード)のうち、ご利用可能額を照会しようとすると発生するエラー

f:id:mile_framework:20170826055039j:plain

そのあと数時間後に、いつものIDとパスワードでログインすると表示するエラー

 

f:id:mile_framework:20170826053838j:plain

こちらの2種類がありました。昼間は特になにもなかったため、夜にエラーになったと思われますが、こちらのエラーも数時間で見えなくなってしまい、それ以降は、ログインの切り替え項目内に「ザ・クラス」が表示されていました。

f:id:mile_framework:20170826055208p:plain

ちなみにS枠は500万円です

f:id:mile_framework:20170826064210p:plain

JCBOSゴールドのときは、200万円でありました。やはり500万円はかなりのパンチがあります。一応車も買えるってことになりますね。

 

なぜ、私のようなサラリーマンでもザ・クラスが取得できるのか

様々なブログで、謎審査と言われるJCBですが私もザ・クラスの審査に通過することができました。

1.年齢が30歳以上である

 私も20代でカードザ・クラス取得を目指していました。しかし、20代で可決したという記事がとても少なく、カード情報を投稿する有志のサイトでも数件のみといった形でありました。ダイナースにおいても27歳がボーダーで発行の有無が決まるように、JCBザ・クラスもボーダーがありそうです。今回、ザ・クラスは30歳1ヶ月で申し込みを行い無事可決となったため、30歳がボーダーではないのかと推察されます。

 

2.決済額・カード保有期間について

結論からいうと、2016年の1月にOSゴールドを取得。全生活費(携帯などほぼすべて)を集約させて20〜40万円/月 程度利用、ご察しのようにスターα程度です。つまり、スターα2年間の確約できた時点でザ・クラスに突撃して成功したことになります。

f:id:mile_framework:20170826055954p:plain

個人的にはJCBは年間でこのような優遇サービスをやっていることから、2年度を跨ぐと2年連続の実績としてみられたのかなと考えています。

 

3.JCBのサービスは特に使っていない

JCB愛を示す!というのは本当であり、毎月使い続けるということは、ザ・クラス発行の近道であるかと思いました。

一方で、ゴールドデスクで様々な機能を使う(トラベルなど)というのは無縁であることがわかりました。実際、ゴールドデスクに電話してサービスを使うようなものはありませんでした。

キャッシングや分割払いは一切利用しておらず、今回のザ・クラスについてもキャッシングは0円で希望しています。

ちなみに高級ホテルやレストランなどで、利用しているお店を高くしたほうがよい!という情報も見かけますが、ザ・クラスはそんなことはなさそうです。高級レストランと私は皆無であったので・・・1回だけホテルランチに行ったぐらいです。笑

 

4.審査時において手紙や証明書類は同封していない

同じく愛を示すため、お手紙や収入証明書関係を同封する方もいらっしゃると拝見しまいたが、私自身は一切しておらず、免許書のコピーのみで送付しています。

 

5.サラリーマンの場合は属性が重要!?

以下は私の推測になります。

1.クレジットヒストリーの死蔵は大丈夫!

実は、ザ・クラスに申し込みを行う前にCICに照会を行っています。私のCIC情報の中では、

  • 家のローンなし
  • カーリースの履歴はあり(自家用車はカーリースにしています)
  • 死蔵カードあり(いわゆる$マークが付かないカードが複数あり)
  • ダイナースカードをかつて所持していた履歴あり
  • 金融事故はなし(当たり前ですが)
  • ソラチカカード保有(ほぼ死蔵状態)
  • カードの申込みは半年間で0件

私のCICに照会した情報を改めて整理すると、賃貸であり持ち家ではなく、車もリースとして毎月使用料を支払っています。

また、基本的にカードは少なめになっていますが、楽天カードなどは現状死蔵となっているので、半年以上「$」マークが付いていないというのが現状です。

JCBOSは月20万だがソラチカは0万が6ヶ月以上。それでも問題なし

f:id:mile_framework:20170826063150p:plain

同じJCB会社のソラチカカードは、恥ずかしながら半年以上利用していないというのが現状です。(あくまでもポイント移行用として使っています。)

OSゴールドとMyJCBのヒモ付を行っていますが、0円続きでも全く問題ありません。なので、わざわざ「$」を作るためにわざわざ分散させる必要はないということになります。

 

以上のことから死蔵カードの有無は関係は無しと判断します

また、カーリースの履歴があっても問題ないということがわかりました。

 

2.勤務先などの属性は事業規模が大きい企業が有利なのではないか

サラリーマンの場合は勤め先の規模や役職が関係するのではないかと個人的には思います。実際に前述の通り、保有期間もOSシリーズで1.5年程度、支払額も20〜40万/月であるため、ぶっとんで多いということはありません。

どのカードでもそうですが、属性に勤務先会社名と役職、年収を記載する欄があります。

私の会社では、一般社員にも役職名があるため、申込書にも同じように記載しました。特に意味はないと思いますが・・・。

 

 

 また、私自身はぺーぺー社員であるため、自身の年収は、会社が公開している平均年収より少ないです。当然といえば当然でありますが、正直に書いて問題ありませんでした。

 

f:id:mile_framework:20170825003429p:plain

サラリーマンがザ・クラスを突撃取得できる要件(推測)

  1. 日常から利用する(生活資金をすべて決済するような勢いで)
  2. 2集計年度はJCBOSゴールドにすべて集中させて利用し、各年度スターアルファ程度は必要
  3. CIC情報で事故はなし
  4. 勤め先の事業規模が大きい方などは実績が少なくても突撃可能
  5. 30歳以上であること

 カード保有が長いや決済金額が多い方は、おそらくインビテーションが来ることでしょうから、実績が少なく、突撃で行けるという視点と私の属性を振り返った際に導き出したのが上記の要件となります。

 お役に立てれば幸いでございます。 

【スポンサーリンク】