超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

東京マリオットホテル SPGアメックス所持なら無料で入れます。エグゼクティブラウンジ利用レポート!

記事【スポンサーリンク】

東京マリオットホテル エリートメンバー用ラウンジの詳細について紹介

f:id:mile_framework:20170816050805j:plain

東京マリオットホテルエグゼクティブラウンジは、マリオットゴールド・プラチナゲストであるか、エグゼクティブフロアの宿泊ゲストが利用できるラウンジであります。時間帯により飲食物の提供(アルコール含む)が行われています。

f:id:mile_framework:20170816050831j:plain

SPGゴールドならばラウンジが使い放題!

東京マリオット・ホテルにはエグゼクティブラウンジが用意されています。ここはエリートメンバーのチェックインやチェックアウトに利用できるほか、各時間帯においてアフタヌーンやアルコールを始めとする飲食の提供がされています。SPGアメックスを持つとマリオットにおいてもゴールドエリート会員になれるため、こちらのラウンジが利用できるようになります。

 

 

mile-framework.hatenablog.com

マリオットラウンジ飲食物提供時間が長く、使い勝手が良いです。

以前、シェラトンで報告したとおり、SPGとマリオットではラウンジの豪華さが違うなと個人的には思っています。

 多くのホテルはフロントとエリートメンバーのラウンジは階が異なるところにあることが多いですが、東京マリオットホテルのラウンジは、チェックインカウンターの横にあり、アクセスがとてもしやすくなっています。

ちなみに、エリートメンバーはチェックインがラウンジで行うこともできますが、座席が1つしかありません。チェックインカウンターは4席ほど用意されているので、先客がいる場合はチェックインカウンターを利用したほうが結果早く終わることもありますでチェックイン時は両方のカウンターを確認することをおすすめいたします。

 

また、ラウンジですが全体で30席程度であり、他のホテルに比べるとあまり広くはありません。入れ替わりも適度にあるため、私が訪問した時は特に満席になるといったとはありませんでしたが、混雑度は常に80%以上でした。

ラウンジのアフタヌーンティーとイブニングタイムは飲食物を提供

ラウンジは14時からはアフタヌーンが提供され、サンドイッチを始めとする簡易なフィンガーフードメニューが中心に提供されます。

f:id:mile_framework:20170816051119j:plain

フィンガーフードサイズのサンドイッチやクッキーなどを提供しています。大阪マリオットホテルのような一式のアフタヌーンティーはありませんでした。

 

mile-framework.hatenablog.com

 東京マリオットホテルのラウンジがいたって一般的だと思いますので、今考えれば大阪が特殊過ぎているということでしょう・・・。

アルコールは缶ビール・リキュール・ワイン・シャンパンなどを提供

f:id:mile_framework:20170816051408j:plain

 

また飲み物はコーヒーを始めとしたノンアルコール類が提供されます。朝食は朝6時から10時半まで提供されます。

グラブトゥーゴーで部屋に持ち出しも可能!

グラブトゥーゴーとは、手に持てる範囲であれば飲食物の持ち出しが可能ということです。 ラウンジなどの多くでは、持ち出しはご遠慮くださいなどと注意書きがされていますが、東京マリオット・ホテルについては、グラブトゥゴーを採用しており、お菓子や飲み物など良識の範囲で持ち出しが認められています。

 部屋で少し食べたいお菓子や飲み物などがあると思いますが、持ち出せないところがほとんどであったのでこのようなサービスはちょっとうれしいです。

夜の時間帯ではお酒も提供。ホテルラウンジの醍醐味

夜のラウンジではアルコールメニューも提供されます。東京マリオット・ホテルでは生ビールの提供はなく、缶ビンの提供になっています。

ビールはハイネケンや日本のビールが提供されます。またシャンパンやワインが提供されているほか、カルアなどのアルコールのリキュールも提供されているため、夜のお酒を楽しむことができます。

f:id:mile_framework:20170816051622j:plain

(急遽のため一眼レフが手元になく・・・写真が・・・ぶれぶれですみません)

19時半頃までは夜のフードメニューも提供されます。フライドポテトを始めとする揚げ物の他、チーズや魚介類のフィンガーフードなど品数は多くありませんが幅広いフードメニューが提供されます。

f:id:mile_framework:20170816051706j:plain

サラダもしっかりと用意されています。健康維持もばっちし!

東京マリオットラウンジ潜入レポートのまとめ

東京マリオットラウンジはラウンジの規模としてはあまり大きくありませんでした。ですが、満席になることはありませんでした。常に人の出入りがあるようなイメージです。

 また高層ホテルでありながらグランドフロア(1F)に設置されており、窓もなく窮屈な感じがします。ラウンジのオープン時間は6時〜23時までで、朝食、アフタヌーン、夕食、カクテルタイムなどでは飲食物の提供がされており、充実したホテルライフを味わうことができます。

 東京マリオット・ホテルラウンジを利用するにあたって振り返り

今回は、急遽利用することになりました。(前日に予約を行いました)

マリオット系列で東京エリアにおいて宿泊を考えた際に、そもそもマリオットブランドがもともと多くなく、マリオットという看板を背負ったホテルでラウンジがあるのがこちらの東京マリオットホテルであるので今回は宿泊することとしました。

東京マリオット・ホテルのラウンジは高層ホテルでありながら1Fにあったり、ホテル規模の割にはラウンジが小さかったりいうことはありますがサービスには問題ありませんでした。

外国人、日本人6:4程度 インターナショナルな雰囲気を味わえます

個人的には東京マリオット・ホテルは外国人の利用がおおいなと感じました。周りはどこを見ても外国人ですね。5:5の割合で中華系と欧米系といったところでしょうか。聞こえる言語は基本英語でした。

また、面白かったのは、スタッフさんもかなり英語を長けているかたが多いという印象を受けました。パット見、外国人のスタッフさんが多いです。

私が泊まったホテルで一番外国人スタッフの多いホテルであるなと思いました。

SPGアメックスをお持ちでしたら、ラウンジが無条件で使えます!ぜひおすすめ。

 

 

mile-framework.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】