超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

マイルを大量獲得するためのPDCA 2017年SFC修行に役立つガイド

記事【スポンサーリンク】

マイルを大量獲得するためのPDCA 2017年SFC修行に役立つガイド

ビジネスパーソンならPDCAという言葉は聞いたことがあると思います。日頃から回せ〜回せ〜とプレッシャーがかかっている人も少なからずいらっしゃると思います。

ANAマイルを大量獲得するためのプランとして本ブログでも色々とご紹介させていただきましたが、PDCAに乗っ取り、ANAマイルを大量獲得するための流れについて再度確認します。これで2017年に良いスタートを切って、マイル大量獲得を行いましょう!

ANAマイルを集めるPlanは月に18000マイルを目指す

初心者のあなたは、まず、1ヶ月に18000マイルを貯めることを目標としてください。

まずは、こちらをご覧ください。

f:id:mile_framework:20160731124617j:plain

f:id:mile_framework:20160731124615j:plain

当サイトでも何度も登場しているのが、マイルを貯める手段となる「ソラチカ ポイントからマイルへ大量ゲット」方法です。(今命名しました。)

 

mile-framework.hatenablog.com

 

こちらは、ポイントサイトからANAマイルを生み出す方法についてご紹介させていただきました。実は、このルートには一つ大きな欠点があります。それは、

 

東京メトロポイント 20000ポイント→ANA 18000マイル

 

が1ヶ月あたりの上限ということです。

*厳密に言うと、ソラチカカード以外を駆使すると天井はなくなりますが、まず初心者は18000マイルを貯めることだけに集中してください。

これは、1ヶ月18000マイルの獲得が上限ということになります。これは、20000メトロポイント、すなわちポイントサイトで20000ポイントを集めるこが1ヶ月の目標となります。

ちなみに、

  • ハピタス
  • ポイントタウン
  • ゲットマネー
  • ちょびりっち
  • ミステリーショッピング

どこでためても、大丈夫です。街の服屋みたいにあちゃこちゃでポイントが貯まって統合できないわけではありません。

上図の通り、結局は東京メトロポイントで合算されてメトロポイントになるため、上記のサイトではどこでポイントを貯めても問題ありません。

 

これで20000ポイントに達することができます。

Do 行動 調査やショッピング、申込み

PDCAのDoですが、自らの行動となります。行動も広義ではありますが、

  • マイルを獲得する行為
  • ポイント還元案件を探す行為

となります。

まずは、ハピタスの大量ポイント還元については必ずチェックしてください。

f:id:mile_framework:20161127121522p:plain

トップページの「みんなdeポイント」から

「開催中の商品/サービスをもっと見る!!」をクリックします。

すると、現在開催中のポイントアップ案件が一覧で表示されます。保険の見直しやクレジットカードなど最高に良い案件ばかりです。

 

f:id:mile_framework:20160924235944p:plain

余談ですが、私も保険の見直しを実施しました。

 

mile-framework.hatenablog.com

 大体、1万マイルはもらうことができます。

 

ANAマイルを大量獲得する「覆面調査モニター」

覆面調査モニターは、飲食を行い、そのお店の様子などをアンケートに記述すると、飲食代の50%程度がポイントとしてバックされるという陸マイラーへの超おすすめ案件となります。

ポイントタウンに大量の案件があります。

f:id:mile_framework:20160719233130p:plain

例えば、ご利用金額の60%還元であれば、4人で飲食が10000円であり、一人2500で割り勘を行います。

飲食代の60%のポイントが還元されますので、6000円分ポイントが還元されます。つまり、割り勘後の2500円の支払いで6000円分のポイントを獲得することが可能となります。(ちなみに5400マイル!!

 

ほら、かんたんでしょ?

 

もしあなたが東京や神奈川・大阪などの都市圏にお住まいなら身近な場所にこちらの対象ショップあるので、ぜひ申し込んでください。

 

「あぁー都心に住んでいないからな・・・」

 

 そんなあなたにも、朗報です。ミステリーショッピングリサーチというガチの覆面調査では、全国様々な覆面調査ができる箇所があります。しかも、基本的には90%〜100%還元となります。(!!)

 

mile-framework.hatenablog.com

 

ANA陸マイラーに意外に大切なのはタイムテーブル・スケジュール

f:id:mile_framework:20161129232713p:plain

なぜ、スケジュール・タイムテーブルに厳しいかをご紹介します。

今回ご紹介するのは、ポイントサイト→ポイントサイト→ANAのように幾つかポイントサイトを経由することになります。

そのため、ポイント交換の時間がかなり掛かることになります。(最大2ヶ月)

ポイントレートを限りなく維持するためですが、スケジュールを誤ると更に遅れたりしかねません。

なので、スケジュールが大変重要になります。ここで抑えておきたい日時としては、

 

  • ポイントサイト→PeXは 毎月5日日まで
  • Pex→メトロポイントは 毎月15日まで
  • メトロポイント→ANAは 毎月11日まで

が最も効率的なスケジュールです。

初の1回目のみ2ヶ月〜3ヶ月程度かかりますが、2回目から五月雨的にポイントが移動しますので、かなり効率的になります。

 

 マイルのPDCA Check

Checkはチェックは

  • ポイント交換がちゃんとされているか
  • どんな案件があるか

 を中心に確認してください。

ここは、Doと重複しているものも多いですが、日々案件は変更されるので常に確認してください。

f:id:mile_framework:20161127121522p:plain

期間限定で案件のポイントがアップされていたりします。

 

また、18000ANAマイルを獲得するためにポイントが足りているか、スケジュールが間に合っているかを確認してください。

ANAマイルを獲得するためのPDCA Action

PDCAの最後のActionとしては、チェックで見直したものを実行するフェーズになります。

18000マイルという目標を決めて、20000ポイントを目指している今、残りの日程でどのような案件をこなすと良いかを加味するとポイントがたまります。

特に、ポイントタウンの「お出かけ・モニター」案件については、次の日に実施できる気軽さがあるため、ポイントの調整に大いに役立ちます。

残り期間が短い中、一定のポイントを積極的に集めるならば、ポイントタウンの「お出かけ・モニター」案件がお得であり効率がよくなります。

ANAマイル大量獲得まとめ

これまでお話したとおりANAの大量マイルの獲得は非常にかんたんになります。もちろん、月に100万マイルはたまりませんが、1.8万マイルはかんたんにたまります。1.8万マイルあると北海道や沖縄へ東京から往復できる特典航空券に交換することもできます。

 つまり、一月で特典航空券分のポイントを稼ぐことが可能となりました。

f:id:mile_framework:20160511052723p:plain

*画像は昨年のものです。

 

ぜひ、ANAのマイルを貯めて新しいライフスタイルを得たいと思っているのであれば、2017年にマイル大量獲得のPDCAを回して年間20万マイルを得てください!

やれば、必ずできます。

 

mile-framework.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】