超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

ステータスの上位ダイナースカードに挑戦してみてはいかが!? 12000円ポイント還元中

記事【スポンサーリンク】

 ダイナースクラブカードでマイル&ポイントをしっかりゲット

今回は、私も所有するダイナースカードがハピタスで大還元中というところでご紹介します。ダイナースカードは私自身が27歳になった時に取得したカードで、メンバーサービスやちょっとしたラウンジなど様々なお得が満載です。

ダイナースはエンターテイメントカード。安さやポイント還元は期待しない

結論から言ってしまうと、ポイント還元率は悪いです。100円=1ポイント(=1マイル)であるため、一般的なカードと同様となります。ちなみに、通常のダイナースカードならば、ANAマイルに移行するために+6000円の年間手数料が発生します。

すなわち、ダイナースカードでマイルを貯めるということは不向きであると個人的には感じています。

年会費は

  • 通常カード22000円+税
  • ANAダイナースカード27000円+税 ←私はこっちを所持

と高額な部類に入るカードとなります。

ダイナースカードのメリットとは!?

というわけで、ダイナースカードの所有にはお金がかかることは十分にわかりました。では、ダイナースカードのメリットとはなんでしょうか。

f:id:mile_framework:20160811105019p:plain

引用させていただきますが、ダイナースカードはエンターテイメントカード。単なるカード支払いであれば、無料の楽天カードとは一切変わらないですが、所有しているだけでいいこともあります。いろいろ公式サイトには書いてありますが、私なりの視点でお届けいたします。

エグゼクティブダイニングで1名無料

アメックス・プラチナやJCBザ・クラスにも同様なサービスがありますが、選りすぐりのレストランの食事代金が1名分無料となるものです。1名分無料といいますが、実際には飲み物代などは加算されるために完全に半額にはなりません。

f:id:mile_framework:20160811105437p:plain

ただ、記念日などにいつもよりもワンランク高いレストランで食べたい!という需要はあると思います。これにマッチしているのがエグゼクティブダイニングとなります。

コース料理では1万円程度しますので、実質1回利用につき1万円程度の割引となります。

他にもグルメサービスにおいては、ダイナースクラブのメンバーサービスを通してレストランを予約すると、お店では支払い処理やサインは一切不要でスマートにご飯を食べられるというものもあります。これは私自身は不要でした。

大事な取引などで料亭などを利用したいという方はよいと思いますが、私のようなビジネスパーソンには無縁のサービスです。

空港ラウンジが無料

空港ラウンジが無料であることです。

ですが、だいたいのゴールドカードは空港ラウンジが無料となるために、国内空港のラウンジにはあまりメリットがありません。空港ラウンジはご存知の方も多い通り、飲み物だけのサービスで航空会社のビジネスクラス向けラウンジのようにご飯や丁寧なサービスはありません。

一方で、ダイナースクラブカードでは、航空会社ラウンジ(大韓航空)を利用することができます。ただし、要注意なのは、カード会員本人のみ。 同行者は入れません。

航空会社ラウンジの場合はご飯などが用意されています。(大韓航空は雑なものが多いという話はありますが・・・・)しかし、同行者が入れないので一人での出張利用とかではよいですが、同行者がいらっしゃる場合はちょっと利用りずらいカードとなるでしょう。

京都ダイナースクラブラウンジ

f:id:mile_framework:20160329065119j:plain

f:id:mile_framework:20160329065031j:plain

ダイナースカードの京都ラウンジは、京都ホテルオークラのウェルカムラウンジを共用しています。1日1回、1時間という制限で、会員本人+1名となります。

フリードリンクでは、コーヒーやジュースが用意されていました。カード空港ラウンジと同じというイメージで良いと思います。

ステータスカードダイナースカードのいちは?

f:id:mile_framework:20160811193446p:plain

出展:ハピタス

ステータスカード別に並べてみます。同じTEカードとしてアメックス、JCBがあります。実用的なカードでは三井住友VISAのゴールドと比較して見ます。

基本的には、アメックス・ゴールドとほぼ互角です。国内旅行保険などは、カード決済の有無で金額の増減があります。

ダイナースのプラスポイントとしては、ポイントの期限が無限であるとこ、空港ラウンジの対象が多いことが上がります。基本的に日本のゴールドカードであれば、日本国内の空港ラウンジが対象となりますが、ダイナースの場合は利用できる空港が全世界中となります。(ただし、同伴者は有料)

ダイナースクラブには「クラブオンライン」というマイページがあります。そこから申請を行うことで、ダイナースのポイントは、楽天ポイントスターバックスカードへ移行することができます。

ダイナースクラブは様々な特典やキャンペーンがいっぱい!

f:id:mile_framework:20160811194515p:plain

 

常に様々なイベントが実施されています。例えばこの他にもコナミスポーツクラブの月会費が割引になったり、法人都度会員として使えるようになり、一般料金よりさらに500円引きになったりお得がいっぱいのカードになります。

ハピタスから申し込むとなんと12000円分のポイントがバック

f:id:mile_framework:20160811194520p:plain

カードを発行するとなんと12000円分のポイントがバックされます。およそ10000マイルを獲得することができます。

カードについて考えていたおとなのあなた。ステータスカードも考えてみてはいかがでしょうか。

m.hapitas.jp

【スポンサーリンク】