超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

日本国内でSFC修行するPP一覧(リゾート)のまとめとマイル獲得で無料のSFC修行

記事【スポンサーリンク】

初心者のための日本国内路線でSFC修行を行うならプランはこれだ!

アジア近郊を使って、国内乗り継ぎとセットにして海外に修行に行かれるという方も多いと思いますが、最短でも3日程度の休みや日々の疲れを鑑みると難しいというのがビジネスパーソンの悩みかもしれません。

実際、私自身も海外には時間の関係で行けないためにいかに効率的にPPを稼ぐかということを考えます。

というわけで、ANAのプレミアムポイントについて

プレミアム旅割28または、プレミアム株主優待を適用した場合が以下のとおりとなります。

f:id:mile_framework:20160724222920p:plain

 私は関東地区に居住していますので羽田をハブとして考えますが、一番はみなさまのご想像通り、沖縄〜札幌間が一番となり、3892PPとなります。しかし、沖縄〜札幌は1日1便しかありません。プレミアム旅割28では、修行僧も効率路線として考えているので、競争力がかなり高い区間となります。

沖縄〜札幌間はプレ28割よりプレミアム株主優待

 札幌〜札幌間はプレミアム旅割28の予約が開始されるとともにおえられてしまいます。上級会員の場合ですと一般よりも受付が早いために枠が決まってしまいます。しかも運行される飛行機が比較的小型なため、プレミアムクラス自体が8席しかないため、もともとプレミアム旅割28に割り当てられているものが少ないと考えられます。

 一方で、株主優待は一般座席と同一の割当があるため、プレミアム旅割28が満席になっていても、株主優待は余裕があります。割引額はほぼ同一となるため、支払額はおおよそ同一になります。ただし、株主でない場合はチケットショップなどで購入する必要があるため、新たに購入する場合は4000円程度高くなってしまいます。

ただ、ANAホールディングスは約30万程度で半年で1枚の優待券がもらうことができますので、資金に余裕がある方はぜひ活用してみてください。

 

プレミアム旅割&プレミアム株主優待を使ったSFC修行は沖縄が効率的

PP数で考えると、羽田〜沖縄路線が他の路線と比べて効率的になります。特に羽田〜那覇線に関しては1日8便以上運行しているので、運賃の幅や座席供給数が多いためにプレミアム旅割28も比較的余裕で取得することができます。

初心者のためのSFC修行の理想は羽田〜石垣、羽田〜那覇

SFC修行の理想は羽田〜石垣となります。3460PPと羽田〜那覇よりも600PP多くなります。運賃は前後はしますが、PP単価で考えるとだいたい10円前後になり効率的な路線になります。

 

余談:石垣島空港にはプレミアムクラス用のラウンジは無し

f:id:mile_framework:20160710203622j:plain

プレミアムクラスといえば、豪華なプレミアムクラス用の航空会社ラウンジがありますが、石垣島空港にはそのようなプレミアムクラス用のラウンジがありません。有料のラウンジやゴールドカードなどで利用できるラウンジも用意されていないので、注意が必要です。

 

那覇空港のプレミアムクラスのラウンジでは泡盛福岡空港では焼酎が飲めます。

那覇空港のプレミアムクラスのラウンジでは、ビール機械の横に泡盛が用意されています。また、福岡空港のプレミアムラウンジでは焼酎を飲むことができます。

f:id:mile_framework:20160724231051j:plain

 

現地のものがあるとそれもSFC修行を行う上で楽しみになりますね。

ANAラウンジをくまなく見てみるのも面白いと思います。

ポイントを貯めて、実質無料でSFC修行を

”実質無料”という携帯会社のCMみたいですが、飛行機の上級クラスであるスーパーフライヤーズカードというものをマイルを取得を組み合わせることで無料で取得することも可能となります。

だれでもできるマイルを月2万マイル貯める方法はこちらで解説しています。

ぜひ、新しいライフスタイルを!

 

mile-framework.hatenablog.com

 

 

 

【スポンサーリンク】