超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

マイル大量に貯めるためのポイントタウン&ちょびリッチ&ゲットマネーで確実にモニター確率上げる方法

【スポンサーリンク】

目指せ、1ヶ月2万マイル、ポイントタウン&ちょびリッチ&げっとまで確実にモニター当選を向上させる方法

ANAマイルを簡単に貯める方法として、モニター(ミステリーショッパー)を行うことで、飲食代の数%が報酬としてポイントが受け取れることをおすすめしておりますが、普段の昼食例えばラーメンでも適用できることはご存知だと思います。これが一番効率的にポイントがたまる、すなわちマイルが効率よく貯まる方法となります。

mile-framework.hatenablog.com

 覆面調査のポイントサイトは似たり寄ったり!?

私がおすすめしているポイントサイトとして大きく3つがあります。

この私がおすすめしているモニター(商品調査)であったり「お出かけで貯める」であったり、名称が似ていることに気づいていらっしゃると思います。

具体的に案件を見てみましょう。

ちょびリッチ

f:id:mile_framework:20160704224243p:plain

ポイントタウン

f:id:mile_framework:20160704224253p:plain

あれあれ、なにか同じに見える。

 

そう思いませんでしたか?

 

結果は、全く同じ案件となります。還元率を見てみると一見別々に見えますが、

  • ちょびリッチは2P=1円のため、1000円分のポイント
  • ポイントタウンは20P=1円のため1000円分のポイント

と全く同じ報酬金額となります。

 

ではどうしてそのようなことになるのでしょうか。

 

実は、覆面調査会社はポイントタウンやちょびリッチではなく、専門の調査会社があるのです。

f:id:mile_framework:20160704225014j:plain

簡単に言うと、調査会社で案件を取り仕切っている会社ROIが大本となっていて、ポイントタウンやちょびリッチなどが窓口となってユーザを募集している構図であります。つまり、どこでも同じ調査案件ができるということになります。いいかえると、同じ案件を別のポイントサイトで重複することができるということになります。 (同じレシートNG,条件でNGの場合もあり)

つまり、ラーメン屋の案件をポイントタウンとちょびリッチで獲得した場合、週に2回行ってそれぞれのポイントサイトで申請すると2回分のポイントを得ることができます。(初回に限るなどの条件がなければ問題なし)

 

当選確率を高められることになる

調査の大本は一緒でも募集しているサイトは別々になるため、重複的に申し込みは可能となります。つまり、ポイントタウンとげっとマネーの両方でモニター募集に応募して、片方が落選してしまってもまだ可能性が残るということになります。

一方で複数日に調査をわたってレシートが複数枚になれば、それぞれ申請することができます。1周間で2回同じ店でランチといったこともあると思うので、そういうのは存分にいかしてください。

 

威力が発揮するのが商品モニター

先日商品モニターの話をしたと思います。こちらもポイントタウンとちょびリッチとゲットマネーで同一の条件で100%還元がありました。

f:id:mile_framework:20160626191910p:plain

同じレシートの使い回しはできないですが、これ自体も実質無料でビールを獲得できます。日頃からお酒を飲む方なら一括で買ってしまっても問題無いと思います。

例えば、3サイトから申し込みを行うことができると1814マイルというところで、東京〜札幌便のマイルよりも多く獲得することができるのです。

複数サイトの連携を行って効率的にマイルを貯める

初心者にはハードルの高い事となりますが、慣れてきたらぜひ実践してみてください。ポイントサイトの仕組みを知ることができると以下に効率よく貯めるかということがより重要となってくると思います。(やり過ぎるとわけわからなくなってしまうと思いますが・・・)

ご自分の目標マイル数と相談を行ってどのようにマイルをためていくかを計画してみてください。

 

mile-framework.hatenablog.com

 

 

mile-framework.hatenablog.com

 

【スポンサーリンク】