超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

SPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

ANAマイル大量獲得計画2016年下半期編(10万マイルを貯める)

【スポンサーリンク】

ANAマイル大量獲得計画2016年下半期計画編

昨日から7月になりました。私自身2016年の目標を立てて取り組んできましたが、あっというまの半年でありました。2016年もあと半年となります。

マイルを月約2万マイルを貯める方法としてご紹介をさせていただきました。

 

mile-framework.hatenablog.com

2016年12月末までの10万マイルを貯める

それでは、私のスケジュールを公開します。

f:id:mile_framework:20160702160308p:plain

ちょっと見にくいですが、ご説明すると、

  • 毎月の獲得マイルは18000マイルを目標(ソラチカ上限のため)
  • ポイントサイトでは20000円分ポイントを毎月ためていく

ということをベースに考えていきます。

 

ANAマイルを下半期に大量獲得する方法とは!?

上期からも取り組みを行っていただいていると思いますが、大量にポイントを貯める手段として最も効率が良いのは覆面調査員&商品モニターとなります。

これらは、購入した料金(サービス)に応じてポイントが還元されます。例えば、2万円の食事代で50%還元の案件であれば、1万円分のポイントがバックされます。

このポイントをマイルに交換すると9000マイルとなります。(ソラチカカードを用いたルート)つまり、1回の飲み会で飛行機の片道の特典航空券のマイルと引き換えることができます。

f:id:mile_framework:20160615233134p:plain

徹底的にポイントを貯めるために。

それは飲み会などのお店を還元率を検討することで、より効率よくポイントを貯めることができるようになります。飲み会をうまく活用することで上限のポイントを獲得することもできます。

商品モニターとはなにか

商品モニターとはリサーチ目的や販促目的で商品を購入するとその商品代金に応じてポイントが還元されるものをいいます。例えば、シャンプーやインスタント食材などスーパーで購入するものが多く対象です。そのため、よくあるような月々契約の健康食品と違い、気軽に行うことができます。

f:id:mile_framework:20160702152413p:plain

また、商品モニターについて嬉しいことは、キャンペーンが展開されていることが多いです。ちょうど先日のモニターを見てみると、

f:id:mile_framework:20160626191910p:plain

上記のようにモルツを購入すると100%のポイントバックが受けられます。つまり、672円分のポイントで500マイル程度を獲得することができます。

ポイントタウンを使った商品購入モニター高額案件の探し方

つまり、モニターを使うことで、普段の生活から大量のマイルを得ることができます。それでは、ポイントタウンにおいて購入モニターについてご紹介致します。

f:id:mile_framework:20160702154309j:plain

ポイントタウンの高獲得案件の探し方、は「おでかけで貯める」ー「モニターで貯める」からクリックするとモニター一覧が表示されます。

ここで、ポイントですが、「店舗モニター」のままで、

あなたの住んでいるい地域(例:東京都)ーすべてのエリアー「お買い物」として検索をかけていきます。

すると、店舗で購入するモニターの一覧が表示されます。ちなみにですが、以前のモルツなどもここで得ることができました。

f:id:mile_framework:20160702154538p:plain

ちなみに、「通販モニター」というところもありますが、こちらは通信販売(定期購入)やクレジットカード、健康食品がメインとなります。興味ある方は覗いてみてください。

ANAマイル大量計画商品モニターのエントリーの仕方

エントリーの仕方は、覆面調査モニターと同様であります。ポイントタウンのモニターより、案件を選択して、「応募へ進む」を選択します。

f:id:mile_framework:20160702161241p:plain

f:id:mile_framework:20160702161434p:plain

モニタールールやアンケートに答えると、案件に対して当選したか落選したかがわかるようになっています。

アンケートのコツ

アンケートという名前で、覆面調査やモニターの前に数問の質問があります。建前では、落選・当選という言い方をしていますが、ここのモニター調査の前の質問が事前質問のようなもので、そこでモニター対象になるか否かをふるいにかけています。

つまり、

調査の対象になる人のみポイント還元をさせたい

というのが企業側の考えです。当たり前ですよね。

すなわち、お酒のモニターの調査で「お酒を全く飲まない」であったり、ビールモニターで「ビールを全く飲まない」を回答をしてしまうと、落選する確率が高まります。

では、どうすればよいのか?

意外にも答えが書いてある場合がある

企業アンケートの紹介ページ(上図)のように具体的にどこで購入する必要があるかなどを細かく記載しているものがあります。そこを注意深く読むと、どんな人が対象7日がわかります。

そこをこまめに見ていくことで落選をできるかぎり防ぐことができると思います。

さぁ、モニターを頑張って、月約2万マイルを目指しましょう!

まだポイントタウン・ハピタスに登録していないかたは、早く登録した方が良いです。

m.hapitas.jp

www.pointtown.com

 

 

【スポンサーリンク】