超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【わらしべ長者に習う10倍早くANAマイルを貯める方法】ANASFC修行2017

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

【初修行】ANAでマイルをコインに変えてSFC取得を目指す<修行2016>

その他マイル貯める方法 SFC修行

【スポンサーリンク】

ANAでマイルをコインに交換してSFC取得を目指す修行2016

ANAの特典航空券を目指すためにマイルをためていましたが、こちらのようにマイルを特典航空券に変えたいという場合でも、繁忙期などは難しく、特にハワイなどのリゾート路線は更に難しいということがわかりました。

f:id:mile_framework:20160616232456p:plain

まず、SFCとはなにか

ここで登場したのがSFC。正式にはスーパーフライヤーズというもので、ANAの上級顧客制度のことです。これは、飛行機に搭乗した距離によって付与されるプレミアムポイントが50000ポイント(1年間の期間限定あり)に達したら上級顧客として扱われます。この際に加入できる制度がスーパーフライヤーズとなります。

つまり、1年間(現在は2016年の6月なのでのこり半年)で50000ポイントに達する必要があります。この50000ポイントというのは、プレミアムクラスで単純に東京〜沖縄を9往復分となっており、残り半年では、月に2回程度行かないと行けない計算になります。

先輩の方々のブログを拝見すると、単純に飛行機に乗り続けるということから

「修行」という呼び名で呼ばれています。

ではなぜSFC修行をおこなうか

前述のとおり、単純に特典航空券が難しいということが何となくわかっていたことから、SFCの取得が今後のANA飛行機ライフに好都合ではないかと思いました。

結局のところ、

  • 遠回りになるが、一回上級会員権を取ってしまえば一生ステータスは維持
  • 一般会員と特典航空券を争うときに上級会員が有利
  • 日本国内の飛行機を乗る費用もマイルからANAコインに交換することで費用は最安(またはかからない)ということになる

つまり、いまハワイ行と思ってためていたマイルを一旦、ANAコインにすることで、ANAの修行代金を捻出し、その後にマイルを再度貯めれば上級会員でハワイに何度も行くことができる!ということになります。

ご存知の通り、マイルは月約2万マイルは簡単に貯まります。すなわち、半年程度ハワイが遅れるだけ(実際には予定していない)で、まずはANAの上級会員のステータスをゲットしてしまったほうが、いろいろと効率が高いのではないかと考えたからです。

マイルのため方はこちら

mile-framework.hatenablog.com

ANA初修行2016 東京〜那覇

というわけで、初めて修行をしました。修行というにはプレミアムクラスが良いということを先輩方のブログから習得して実施しました。

どういうことか、ご説明します。

プレミアムポイントと呼ばれる距離に応じて付与されるポイントがあり、それを支払額で割ったものをPP単価(プレミアムポイント単価)と読んでいます。これは、1PPを稼ぐのにいくら掛かるかという視点で考えたもので、いかに効率よくポイントを稼ぐかという視点で考えているものです。

f:id:mile_framework:20160617205803p:plain

これで支払い運賃が¥31100だとすると

  •  PP単価=31100/2860 =10.8

となります。

問題がこれが高いのか低いのかということになります。

要は、50000PPを貯めるためにお金を払って飛行機に乗るわけなので、PP単価は費用対効果のようなものです。この値が小さければ対コストの割合が良いということになります。

PP単価は一覧で調べてみた

先輩方のブログを参考に長距離路線をピックアップしてみました。なお、運賃5は安い方、所有カードはANAカードゴールド(私はANAダイナースカードを所持)を前提にしています。なお、運賃は季節により変わるのでなんともいえませんが、、一種の比較例として提示します。

f:id:mile_framework:20160618085230p:plain

*当サイト調べ(金額などは変動要素でありあくまでも参考としてください)

ANA修行は沖縄路線のプレミアムクラスが最も効率がよい

PP単価は費用対効果のように前述しましたが、結論からいうと沖縄路線がもっとも効率が良さそうという結果がでました。(国内・一般のみ) 厳密には、国際線利用時の国内線として付加したり、ギャラクシーフライトでさらに費用を落とすということも可能であると思いますが、今回は割愛しています。

上記表で、PP単価が15円以下を色付けしています。あぁリアルタイムで値段とPP単価がわかればいいのですが、、、システムでも作りますかね。

東京を主体として話をさせていただきますが、東京〜沖縄のプレミアムクラスが10円相当で、石垣島も同様のに単価が安いことがわかります。

一方で、東京〜札幌路線は沖縄路線に比べて1.6倍であるため、沖縄に比べたら非効率となります。

また、日本で最長距離を誇る「沖縄〜札幌」路線についてもPP単価の効率がよいということがわかりました。

ただただ、飛行機に乗るというのも嫌なので、東京〜沖縄路線に焦点を合わせてANA修行2016を行うことにしました。

修行費用は最小限にしてマイルを使い上級会員を獲得する

東京から沖縄を往復してポイントを貯めるという”富裕層な遊び”ではありますが、正直コストがかかるということが悩みのところ。通常に修行を行うと大体60万円程度の費用はかかってしまうという点であることから低減できる方法について検討しました。

だって、普通に飛行機にお金を払うというのももったいないじゃないですか・・・

マイル→ANAコイン→航空券購入で実質格安で上級会員を獲得する

上記より、マイルをANAコインに交換して航空券購入を行います。マイルのため方について理解していない方は以下を御覧ください。これで月約2万マイル弱は貯まっていきます。

mile-framework.hatenablog.com

これで月約2万マイルは貯まっていきます。

ANAコインにマイルから交換するだけで価値は1.6倍に!

*前提にANAのゴールドカードを保有していることを前提とします。余談ですが、ポイントタウンではANAダイナース(ゴールドカードに匹敵)がキャンペーンで大量ポイントが付与されます。気になる方はどうぞ!

ANAから引用すると、マイルをANAコインに交換すると50000マイルが80000ポイント(=80000円分の航空券を購入可能)と1.6倍となります。

ただし、これは5万マイルごと交換したのみなので、マイルは5万マイル貯まるまで待つことが重要となります。

f:id:mile_framework:20160618091503p:plain

ANA SKY コイン | ANAマイレージクラブ

 

 つまり、60万円の航空券をすべてコインでやろうとすると375000マイルを貯めることができれば、すべて自己負担はなくなります。つまり、月1.8万マイルを溜めた場合は20ヶ月で修行費用はすべて調達可能となります。

 厳密にいうと修行中にもマイルが貯まっていきますので実際は前倒しが可能です。

東京〜沖縄は1537マイル(往復で約3000マイル)が上乗せされるので、月2往復舌とするとそれだけで6000マイルとなり、月2万マイルを陸マイラーとしてためた場合は、合計で2.6万マイルを月で貯めることができます。すると2ヶ月で5万マイルとなるので、2ヶ月ごとに8万円分の航空券を自己負担無しで購入することができる計算となります。(*マイルは運賃2の場合、利用運賃によりマイル数は変動します)

私の場合は自己資金を1回のフライトで1万円を投入することで、修行マイル調達期間を前倒ししています。こちらは、各家庭の事情があるのでなんともいえませんが。。。妻を説得してやっています。

いよいよ2016ANA修行開始

ANAの株はもともと所持していたので、プレミアム株主優待を使い、飛行機を搭乗しています。レポートは別途ご紹介致します。

 

【スポンサーリンク】