超初心者のための月2万ANAマイルを貯めるためのフレームワーク2016

ザ・クラスとSPGアメックスとANAでタダで旅行する30代SFC修行2017ブログ

わかりやすく、仕組みを考えて、素早く、ザ・クラスの取得スケジュールANAマイルを約2万マイル貯めるためのスキルを大公開

新米陸マイラーのための必ず覚えておくことまとめ

記事【スポンサーリンク】

新米陸マイラーのためのANAマイルがっつり計画まとめ

ANAマイラーとなり早半年。マイルは累計12万マイルほど貯めました。実はGWに海外に行ったのでその際に4000マイルほどは飛行機搭乗による加算ですが、その他の12万マイル弱はすべて陸マイラーとして半年でためました。

では、マイルを1年で12万マイルを貯めるのはどうやるのでしょうか。

f:id:mile_framework:20160604082118p:plain

結論からいうと、ポイントサイトを駆使することでマイルを簡単に集められます。では、どういうことかを説明致します。これは、クレジットカード還元マイルでは到底不可能であることはご察しがつくとおりです。

ポイントサイトを使うことで食事代をマイルに変えられる

f:id:mile_framework:20160606065548j:plain

まずは、上図を御覧ください。一番左はポイントを貯めるためのサイトとなります。こちらのサイトに登録でポイントを稼ぐと最終的にANAマイルに交換することができます。この経路を使うと、ポイント1円の価値が0.9マイルに交換することができます。つまり、ポイント1円の勝ちで0.9マイルということは、ポイントの獲得数の90%がマイルになるということです。

 

つまり、ポイントサイトでポイントを大量に獲得すれば、それを交換することによりANAマイルと交換することができます。

 

私が当サイトで一貫しておすすめしているのは、「レストランの覆面モニター」です。覆面モニターは、お客のふりをしてお店に潜入した後にレポートにまとめて店内の雰囲気や接客について確認をするものです。この報酬が、飲食代の40%(70%なども案件によりあり!)が還元されます。

つまり、10000円食事をして40%還元なら3600ANAマイルを獲得!

 

f:id:mile_framework:20160605054359p:plain

このようなモニター画面から報酬を確認できます。上限金額はありますが、会社の飲み会などを駆使すれば1回の飲み会で10000マイルを貯めることも夢ではありません。

ANAマイル獲得までのポイント交換ルートを頭に入れる

f:id:mile_framework:20160606065548j:plain

再度復習を行うと、

  1. ポイントサイト(ポイントタウン、ハピタス等)でモニターやカード申し込みを行う
  2. ポイント交換を行う(ポイントタウン、ハピタス→PeX)
  3. ポイント交換を行う(Pex→メトロポイント)
  4. ポイント交換を行う(メトロポイント→ANAマイル)

以上で、モニターやカード申し込みでためたポイントを0.9倍の価値でANAマイルへと交換できます。

ポイントは楽しみながらモニターで貯めるのが一番近道

ポイントタウンでは様々なものを販売しているので、せどりなどをすることが効率的と書かれた記事ありますが、私自身はオススメしません。理由としては、あなたがビジネスパーソンだとするとせどり(安く買って高く売る)を行えるだけの時間がありますでしょうか?

おそらく答えはNoであります。お忙しいですからね。

ここで提案したいのがモニター(覆面調査)でマイルをがっつり貯める

f:id:mile_framework:20160615233134p:plain

ポイントタウンなどでは、「モニター」を直前まで受け付けており簡単に参加できます。案件を見ると50%がうようよしているので、一回食事に行くだけで4000マイル〜10000マイルは簡単に貯まります。

クレジットカードよりも食事モニター系を探せ!

ポイントタウンのモニターは何度も使える! 自宅そば、会社そば、朝活会場そば、ディナーには、案件がないかの確認を必ず行ってください。

実質割引でご飯が食べられるのと同様となります。

ここから登録を行うともれなく紹介キャンペーンポイントが付与されます!

www.pointtown.com

m.hapitas.jp

 

 

【スポンサーリンク】